« 平穏という選択 | トップページ | 産まれてきてくれてありがとう 生きてくれてありがとう »

2013年2月23日 (土)

一歩ずつ

Img_9763s

母ローズの命日は3月2日。あと1週間です。

ローズもハジメ君も、大きく体調を崩したのは同じ2月3日の夜でした。だから、もしかしたらローズの命日まで生きていてくれるかもしれないって、ちょっとだけ考えていたのですけど、それは難しいのかなと、感じています。

一歩ずつ、ハジメ君は前に進んでいるようです。

Img_9770s
極端に体力が落ちているからか、血圧が低く、少し動いただけで歯茎が真っ白です。呼吸はそれほど苦しそうにはしていないのですけど・・・。

昨日から、おトイレの部屋まで5mほど歩いて行くのが精いっぱいで、戻ることができなくなりました。しばらく休んでから戻るか、抱き上げてあげるか・・・です。少し朦朧としている様子もみえます。

そしてもう一つ・・・今までになかった行動があらわれました。

暗くて狭いところに入りたがるのです。開いているケージに入ろうとします。入ってしまうと出られなくなりそうなので、慌てて阻止しています。この行動の意味を考えると辛いです。ハジメ君にはわかっているのですね。

Img_9764s

点滴が吸収され切れなかったのか、浮腫んでしまった左側の顔・・少し浮腫みが残っているのですが、そのおかげで、痩せる前のハジメ君みたいです。ソファで寝ていると、左側が上になるので、以前と同じに見えちゃって・・・これは本当に夢ではないのかと、今でも考えてしまいます。

自分で立ち上がることが難しくなってきたので、補助してあげています。がんばって、おトイレまでは歩いてくれます。本当にお利口な子です。

普段はあまり飲まなかった水を、今日は沢山飲んでくれました。私が近づくと、顏を上げて、「お水ください」って顔をするのです。3週間前まで見慣れていたはずの、オネダリ視線で・・・

シリンジで補水していますが、誤嚥しないように、気を遣います。メイバランスも飲ませてみましたが、もう、水の方がいいのかなぁ・・と思ったりしています。ナトリウムとカリウムのバランスを考えて、2種類のスポーツドリンクを混合してみたり・・・飲みやすいのか、よく飲んでくれて嬉しかった・・・。

お水を沢山飲むようになるということは、良い意味ではないのかもしれないけど、今は欲しいといわれたら、どれだけでも飲ませてあげたいです。

Img_9772s

ずっと保管してあった、ハジメ君が小さい時に遊んでいたおもちゃを引っ張り出してきました。口蓋裂の手術のため、生後1ヵ月から2ヵ月くらいまで、2階の部屋で隔離して置いた時のおもちゃです。当時の記事に登場しています。大きさを比べたら、ハジメ君がどれだけ大きくなったかわかるかな?と思い、並べてみました。当然ですが、ハジメ君はおぼえていないし、興味もなさそうでしたけど。

一つ一つ、ぬいぐるみには思い出がいっぱい・・・。

一番のお気に入りだった、小さいリンゴのぬいぐるみ・・・よだれで汚くなっていましたが、これだけ残しておくことにしました。

Img_9773s

そして今日は、ハジメ君が生きているうちにと、あちこち齧ってあった段ボールの箱などについた歯型を切り取って捨てました。後で見るたびに思い出して、悲しくなるからです。床のクッションフロアもボロボロにしてくれました。だけど、これは張り替えるのに大仕事なので、どうやらそのままになってしまいそうです。

実はまだ、私は現実を100%受け止められていません。正確には、拒否している私がいます。これから起きるであろうことを、他人事のように受け止めようとしています。「心に蓋をする」というのは、こういうことなのでしょうか・・・。

ふっと、現実に立ち返ってしまう時・・・・なりふり構わず涙がとまりません。「こんなことをしていてはダメだ」と、最後までしっかりやらなくてはと、何度も気持ちを揺り起こしているのですが。

今日も一緒にいてくれた。あと何日、一緒にいてくれるのかなl・・・なんてことを、毎日考えてしまいます。

見送るまでは、しっかりしなくちゃ・・ハジメ君は一人で戦っているんだもんね。

|

« 平穏という選択 | トップページ | 産まれてきてくれてありがとう 生きてくれてありがとう »

コメント

ハジ君・・・本当になんてけなげな・・・
ママ様無理されないでくださいね

投稿: 山口のおばちゃん | 2013年2月23日 (土) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平穏という選択 | トップページ | 産まれてきてくれてありがとう 生きてくれてありがとう »